熊本 英窯 陶芸教室
ごあいさつ・お問い合わせ 最新情報 作家作品 受賞作品 鉢・皿 ご注文方法 陶芸教室 生徒作品集 トップページ
花器 その他の器 カートの中身 所在地・お問い合わせ
News
ここでは英窯の出来事や話題をお知らせしています。
掲載日 2007年10月 9日
〜ブラジル・サンパウロ在住の明石照久さんの作品〜

昨年06年9月から3ヶ月間、当窯で研修され、今回初めて完成した作品の写真が送られて来ました。作品は大鉢で線と面象嵌を幾何学文様にデザインされ施されています。
短期間の研修で釉薬や色粘土の制作は色々と工夫され、苦心と努力の成果が表れています。
掲載日 2007年 5月19日
〜第42回 西部工芸展 入選〜

お蔭様で第42回西部工芸展(九州・山口・沖縄地域の日本伝統工芸展)に入選(8年連続)することが出来ました。
今回の出品作品は今までのデザインを少しでも一新したいと願いで制作致しました。
【作品名】・・炭化象嵌幾何文鉢 寸法・・直径51.5CM
掲載日 2006年12月 8日
〜Ceramic art study of Mr Akashi:NO1〜

Three months from September to November,MrAkashi completed pottery study peacefully as the cultural exchange member of Brazil kumamoto-
kenjin-kai. Please diffuse Japanese pottery in Brazil after return.

9〜11月までの三ヶ月間、ブラジル熊本県人会の文化交流員として明石照久さんが陶芸研修を無事に修了されました。帰られてからは、ブラジルで日本の陶芸を広めて下さい。

This picture is all member of Monday-afternoon-class.
【写真は月曜・午後クラスの皆さんと】
掲載日 2006年12月 8日
〜Ceramic art study of Mr Akashi:No2〜

【It is a part of repot of Mr Akashi.】
These three months study was very,very important to me.I feel now that I am much more confident than before.There is a lot of work to do before I start teaching pottery.I will have to choose or prepare my own clay,make a lot of research and tests to prepare the glazes and asmple pottery goods.Aloso,there is a need to prepare the room and installation of the kiln.All these things take time and some expenditure will be needed.I am targeting one year time to accomplish everything and be resdy to start pottery classes at Kumamoto Kenjin Kai.

【明石さんのレポートの一部です】
この三ヶ月間の勉強はとてもとても重要でした。私は以前よりもさらに今 自信が付いたと感じます。陶芸を始める前にするべき事が沢山あります。
粘土選びや準備、釉薬のテストやサンプル、試作品造り、また教室の準備や窯の設置が必要です。これをする全ての事は時間と費用がかかるでしょう。熊本県人会の教室をスタートさせる事は一年後を目標としています。

「Comment of Maeda」
This is work inlay clay.This work is made very well in a short term.
この作品は粘土の象嵌です。この作品は短期間で大変良く出来ています。
掲載日 2006年12月 8日
〜Ceramic art study of Mr Akashi:NO3〜

I had the opportunity to learn a lot of things that opened my mind to a new view about arts in general and pottery in particular. I know I have a long journey of learning but these three months showed me the direction I should take.Art is a world completely different compared with I did before in my job.It is a big challenge and also motivation to learn new subjiects and keep growing as a human being.

一般的な美術品と特殊な陶芸品について新しい見方をする心を開く沢山の事を学びました。学ぶことは長い旅路であると思いますが、この三ヶ月間は自分の取るべき方向性を示してくれました。芸術は以前私が仕事でしてきた事と比較すると全く違った世界です。それは大きなチャンスであり、新たな課題に取り組む意欲であり、人間性を成長させ続ける事であります。
<< 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 >>
Copyright(C)2004 Hanabusa Gama. All Rghits Reserved.