熊本 英窯 陶芸教室
ごあいさつ・お問い合わせ 最新情報 作家作品 受賞作品 鉢・皿 ご注文方法 陶芸教室 生徒作品集 トップページ
花器 その他の器 カートの中身 所在地・お問い合わせ
News
ここでは英窯の出来事や話題をお知らせしています。
掲載日 2006年12月 8日
〜Ceramic art study of Mr Akashi:NO4〜

To conclude,I want to express my sincere thanks to Professor Maeda,
Miss Mutou,Mrs Yakusiji and all students of Hnabusagama.

Kumamoto City November 30,2006
TERUHISA AKASHI

最後に前田先生と、武藤さん、薬師寺さん、英窯の全ての生徒さんに心から
感謝の意を表したいと思います。

2006年11月30日熊本
明石照久

「Mr Akashi,Mutou,Yakushiji from the left.」
掲載日 2006年12月 8日
〜Ceramic art study of Mr Akashi:NO5〜

One of the representative glazes that there is from the old days in
japan, it's peinted Oribe-glaze to Kiseto-glaze with a writing brush.

日本に昔からある代表的な釉薬のひとつで、黄瀬戸釉に織部釉を筆で施してあります。
掲載日 2006年12月 8日
〜Ceramic art study of Mr Akashi:NO6〜

THe base of this work is Ruri-glaze, it's sprayed Nyuhaku-glaze to Momizi.
Everything was first, but this work was tackled with enthusiasm and very well.

瑠璃釉をベースにして、紅葉に乳白釉を吹きかけて施してあります。
何事も初めての事ばかりでしたが、意欲的に取り組まれて大変良く出来ていました。
掲載日 2006年12月 8日
〜Ceramic art study of Mr Akashi:NO7〜

This is marbling.please try making various works in future and make excellent ones.

粘土の練りこみですが、今からも色々と試されて素晴らしい作品を造って下さい。
掲載日 2006年12月 8日
〜Ceramic art study of Mr Akashi:NO8〜

送別会:中国料理店にて

I give the farewell party with everybody of special cultivathing course that helping this time.
Mr.Akashi,how was the taste of Chinese Shoukousyu.
今回お手伝い頂いた、専門養成コースの皆さんと送別会を催しました。
明石さん、中国・紹興酒の味はいかがでしたか?

「The massage from to Maeda to Mr,Akashe」
Believe your infinite possibilities,please challenge making works that give a great impression on people.
【明石さんへ前田よりメッセージ】
無限の可能性を信じて、人々に感動を与える作品創りにチャレンジして
下さい。

I'm looking forward to see you again sometime in the future.
いつの日か又お会いしましょう!
<< 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 >>
Copyright(C)2004 Hanabusa Gama. All Rghits Reserved.